4泊5日沖縄旅行最終日!中部東海岸エリアの観光プランを紹介

この記事は4泊5日沖縄旅行5日目の体験記です。最終日は西海岸エリアから東海岸エリアへ移動し、パワースポットを堪能。この日が一番晴れていたというのもありますが、5日間の中で最も思い出深い一日となりました。

スポンサーリンク
レクタングル大

5日目 沖縄本島中部東海岸エリア

リザンシーパークホテル谷茶ベイを9時半にチェックアウト。東海岸エリアへ横断し、海中道路へ向かいます。

10:20 海中道路・海の駅あやはし館到着


早い時間帯だったためか、お客さんは2組ほど。普通のお土産屋さんですが、眺めが良いのでのんびり出来ました。こちらで何か買って、海岸沿いで海を眺めながら食事するのも気持ちよさそう。

滞在時間:25分

次の目的地は、この旅で最も思い出に残っている場所「果報(かふう)バンタ」です。

11:00 果報バンタ到着

海の駅あやはし館から車で約15分。海中道路を渡り、更に進んだ宮城島という島にある穴場のパワースポット。

ちょっと一言果報(かふう)は沖縄の言葉で『幸運』、バンタは『』という意味。『幸せ岬』と呼ばれる絶景スポットなのです。

「ぬちまーす 観光製塩ファクトリーぬちうなー」という製塩工場があり、車はそちらの駐車場に止めることが出来ます。ちなみにこちらでは工場見学が無料!直営ショップやカフェ、塩ソフトクリームなんかもあります。


そしてなんと言っても、この息をのむほどの美しい景色・・。天気に恵まれたこともあり、本当に思い出に残る場所となりました。眼下に見える「ぬちの浜」では満月の夜にウミガメが産卵に訪れるそうです。すごい場所だなー。

私たちが訪れた時間帯は人も少なく、二組ほどの観光客の方と遭遇したぐらいでした。

滞在時間:15分

関連記事

果報バンタへの行き方!おすすめ時間帯や押さえておきたいポイントは?
沖縄本島旅行のプランを立てるためGoogleマップを眺めて観光名所を探していたところ、たまたま発見したのがうるま市宮城島にある『果報バンタ』。調べてみると『かふう』バンタと...

後ろ髪を引かれる思いでこちらを後にし、次に向かったのは島全体がパワースポットと言われている浜比嘉島

11:35 アマミチューの墓到着

浜比嘉大橋を渡って左手に進むと見えてくるのがアマミチューの墓子宝祈願に訪れる方が多いパワースポットです。車は近くの漁港に止めることが出来ます。

ちょっと一言浜比嘉島には琉球開闢(かいびゃく)の祖神であるアマミキヨ(アマミチュー)シネリキヨ(シルミチュー)が暮らしていたとされています。この男女の神様によって沖縄の島々が作られ、人間の子孫が増えていったんだとか。神々が住む島として、この島全体が子孫繁栄や無病息災のパワースポットと言われているそうです。


私たちの前に、ご夫婦で来られている方が一組いらっしゃいました。向かって左側に進むと小さな階段があり、その上にお墓が立っています。お賽銭箱も設置されていました。

私たちがここを後にする頃にはまた2、3組の観光客の方たちが。皆さんそれぞれ気を使いながら、静かに見て回っておられる様子でした。自然と口数が少なくなるような、とても神聖な場所。行って良かったです。

滞在時間:5分

次は、アマミチューの墓と合わせて訪れたい「シルミチューの墓」へ向かいます。が、その前に浜比嘉島リゾート入口にある近くの浜辺に立ち寄ってみることに。


奥に見えるのがムルクビーチ。暑すぎてゆっくりは出来ませんでしたが・・。(笑)貸し切りで美しい海を堪能しました。

12:15 シルミチュー公園到着

比嘉集落を抜けて南に下ったところにあるのが「シルミチュー公園」。駐車場は広いですが、集落を抜ける道は車2台がすれ違うのもギリギリ。軽自動車をレンタルして良かった!

シルミチューの墓は、アマミチューの墓とは違って鬱蒼とした森の中にあるんです。


階段を上る前からなんだかすごくドキドキ。感極まって、若干泣いてしまいました。(笑)それぐらい空気が違う。100数段ある階段を上りきると、シルミチューの霊場があります。眺めていると、心がどこかに持っていかれそうな・・異世界に感じました。本当に不思議な空間。

滞在時間:15分

この後は、集落内にある「てぃーらぶい」という古民家食堂に行こうかと思っていたのですが。暑さと旅の疲れもあってあまりお腹が空いていない・・。どうしようか~となった結果、もう満喫したし空港でゆっくりしようかということになりました。

ここからフジレンタカーまでは1時間半。めちゃくちゃ眠かったです。(笑)

14:30 那覇空港到着

レンタカーを返却後、送迎バスで空港まで送ってもらいます。到着したのは14時半頃。食べログで調べて気になっていた「空港食堂」で遅めのランチを頂きます。この時間帯にも関わらず、店内は満席状態。

入口で食券を購入し、空いている席に座って待ちます。空港内で働く方やサラリーマンの方なんかが多い印象でした。回転も速いので満席でもそこまで待たずに入れそうです。


私が注文したのは大好きなふーちゃんぷる600円!安いし美味しい!!手軽に沖縄料理が食べられるのが嬉しいですね。観光客向けのオシャレなカフェなんかもいいけど、こういう素朴な食堂もまた沖縄らしさを感じられて魅力的です。

この後、飛行機の出発時刻1時間前にはLCCターミナルへ向かうシャトルバスに乗車。初利用の那覇空港LCCターミナルに戸惑いつつも、帰りは無事何事もなく搭乗出来ました。あっという間の5日間でした。

おわりに

4泊5日沖縄本島旅行。雨や曇りばかりの旅となりましたが、それもまた良い思い出。本島は観光客が多く、あまりゆっくりと過ごせないイメージがありました。しかし、美しい自然が残る穴場スポットって、探せばたくさんあるんですね。

おすすめは、Googleマップを見ながら旅行計画を立てること。メディアなどが取り上げないようなマイナーな場所を発見するとワクワクします。ストリートビューで見ることも出来ますし、穴場探しには欠かせない方法です。レンタカーで軽を選択したのは、色々な穴場を巡りたかったからというのも一つの理由なんです♪

4泊5日の旅行プランを紹介しましたが、少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大